« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2008年3月9日 - 2008年3月15日

2008/03/14

コラボレーション

コラボレーション
昨日は祇園の弥栄会館での催しの申し合わせでした。
普通の能ではなく、金剛流と観世流が一緒に出演する新作?倶利伽羅忠度。
後半は普通の忠度。
私は後見で、相棒は金剛の方。
もう一番が船弁慶。
これは能と長唄のコラボレーション。
なかなか面白い企画でした。
でも普段謡う場所を黙ったり、三味線やお琴の音を聞くと私はこの舞台にいていいの?っと不思議な感じがしました。
明日が本番です。
いつも以上に慎重にかからねば…

| | トラックバック (0)

2008/03/13

ワークショップなど…

ワークショップなど…
昨日は朝から修学旅行の生徒さんに能を見せる催しでした。
能の歴史や囃子の話。
謡の体験や歩く体験。
楽器体験などをし、最後に橋弁慶の半能を見て終わり、そんなコースでした。
私はシテの装束を着付け、能の地頭をさせていただきました。
橋弁慶でも先日八尾でさせていただいた装束の取り合わせもあり、写真のような茶色をメインにした取り合わせもあり、基本を外れなければ案外自由なんです。

| | トラックバック (0)

2008/03/10

いろいろさまざま…

いろいろさまざま…
一昨日は緊張の中、なんとかヘマなく終わりました。
舞台上のワキ座に講談の方。舞台上のぐるりから橋がかりにろうそく。(もちろん不燃紙を巻いて)。
囃子方の場所に陣幕。
講談の方の後方に謡、更に後ろに笛、とかなり変わった舞台になりました。
しかし舞台の照明をほぼ落とし、ろうそくの火をメインで演じると、風情があってとてもよかったです。
舞台は暗く笛一人謡一人なので、こちらはとても集中できました。
お客様はどうだったのか?
昨日は観世の素謡会。
私は仕舞の淡路を勤めさせていただきました。
またこれもマイナーな曲です。
今年はかなりマイナーな曲があたります。
住吉詣やら、淡路やら、新作やら…
でも参加させていただいている事は大変光栄です。
昨日の仕舞は、少し白い明るいめの袴を選びました。
扇は紺の三段水巻き。
でもこれが少し凝ったもので、普通は金地に三段なんですが、今回は銀地に花色の三段水巻き。
独立したての頃、先生に銀地で水巻きを作ろうと思ってるんです、っと話をしたら、作ったらいかんぞ!っと強い口調で言われ、なんで?っと思っていると、後日先生から呼び出され、これ。
そう独立のお祝いに頂戴したのです。
うちの先生は内弟子から独立を許した時に袴と本金の扇と紋付きをくださいます。
そのタイミングで僕が銀地の話をしたものですから、それを作ってくださったのでした。ありがたやありがたや。っで、頂戴する時に一言。私も一本作らしてもらったし。っと…
先生とお揃いなんです…
昨日の袴と扇は独立の時に先生から頂戴した思い出深いものでした。

| | トラックバック (0)

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »