« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月6日 - 2008年4月12日

2008/04/12

バタバタな…

2008041120140000_2
昨日は朝からバタバタでした。まずは毎年6月に催される京都薪能の会議。
いろいろ役割分担があり、私は広報宣伝。
チラシやポスターを数えたり、チケットを数えて入れたりとけっこう大変な作業なんです。
役者も事務所も一緒になって作業します。
その後は今日明日の会の申し合わせが2つ。
帰ってから鮫島さんのライブへフラり。
元ハウンド・ドックの鮫島さんと西山さん。それとジョニー吉長さん。今が全国ツアー中で昨日が京都の都雅都雅での公演だったんです。笑いあり笑いありの楽しくカッコイイライブでした。お客さんもノリノリでした。始まる前に鮫島さんから紹介するからな!っと言われていて、やめてくださいよ!この業界アドリブに弱いんで…っと言ってたのにまんまとアンコールで紹介され、ドギマギしました…
ジャンルは違いますが私も舞台がすんだ後にお客様から楽しかった、来てよかった、また来たいと言われるような舞台を勤めたいと思いました。

| | トラックバック (0)

2008/04/10

申し合わせ

今年は初めて宮島の桃花祭にお邪魔します。
3日間あるのですが、私は2日目の出勤です。
なかなか盛り沢山の内容で、翁、竹生島、経正、葛城、藤戸、天鼓といったラインナップです。
今日はその申し合わせでした。
翁、竹生島が玄人の先生で、後の曲目は各先生のお社中の方々。なかなかの熱演でした。
当日はどんな催しになるか楽しみです。

| | トラックバック (0)

2008/04/09

味方團の休日

味方團の休日
今日は久々のオフ。
普通の人ならなにをしようかな?とか、体を休めようとか、たぶんいろいろ考えると思うんですが、私の場合は不思議と心の底から休みた〜いと思う反面4月に空いてる日があると不安になります。
この業界4月5月、10月11月は繁忙期なんですよ。
ですからこの時期に催しや稽古などがなく偶然空いてる日はと〜っても不安なんです。
でもやらなきゃいけない事がない訳ではなく、何時もの如く覚えものや装束の後始末。着物の後片付けなどに追われます。
当面の敵は週末の「盛久」のワキ。
もちろん能はすべてが専業なので、ワキ方の役を我々シテ方が勤める事はないんですがお社中さんの発表会の素謡のワキは別なんです。早く覚えます…

| | トラックバック (0)

2008/04/08

またまた…

またまた…
またまた…
昨日もお寺での催しでした。太秦佛教会の主宰で、西方寺というお寺の本堂での演能でした。演目は熊野。場所が少し狭かったので色々演出の工夫をし、若干短くしましたが終わってみれば1時間10分しっかりやっていたようです。
お能を見たことがない方もおられたみたいですが、皆さん静かに真剣に鑑賞してられました。
終演近くになって、最前列のお客様が2人ならんで謡本を下に置いて見てられた時はさすがにドキッとしましたが…
本をご覧になってるお客様が、ふっと顔をあげられると間違えたかな?っとドキドキします。
写真の花見車は実はご住職の手作りなんです。
赤い布や紅段はこちらから持参して作りましたが、骨組みはご住職作。すごいもんです。
すんでからはお寺で出演者スタッフ入り乱れて、これまた手作りのお料理になぜかお寺に常備してある生ビールや年代物の梅酒いただき、楽しい話をさせていただきました。
ありがたやありがたや。

| | トラックバック (0)

五人囃子の会

五人囃子の会
五人囃子の会
普段は公開されてないお庭を見ながらの公演となりました。
少し早く現地入りをしてスタッフやおくりさんと話をして、しつらえを考えました。
お庭にとても立派な桜があったのでふすまをすべて撤去し、桜の木のある庭をバックにして左右からお客様に見ていただくようにしました。
お客様との距離近くとっても緊張しましたが、自然の風も感じられ、また桜を愛でながら熊野の舞囃子を舞うといった贅沢な思いもさせていただきました。
終了後はお庭でお客様と一緒に宴に参加させていただき、桜の下でこれまた贅沢に楽しくすごさせていただきました。
お食事などはすべてお寺さんの手作り!すごいです。おくりさんも準備から宴まで命令されるのではなくご自身で動かれるとても気持ちのよい方でした。また来年是非やりたいと思える方々や場所でした。過酷でしたが楽しい1日となりました。

| | トラックバック (0)

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »