« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

2008年5月4日 - 2008年5月10日

2008/05/10

味方が味方を…

味方が味方を…
仕事の移動で京都府綾部市を通過していたらなんと!味方なる文字があちらこちらに!
そう、ここは京都府綾部市味方町なんです。
思わず写真をとりブログのネタにしちゃいました。
それはさておき昨日のコラボレーションの催しはなかなか面白かったです。
能楽の世界ではあまりしない2回公演だったので、足はもちろん集中力を持続させる事にも疲れました。
共演の馬木也さんと少し話す時間があったので喋ってたんですが、お互いによくセリフが覚えられますね!とか、息が続きますね!とかお互いにすごいすごいと感心していた休憩時間でした。
やはりいろんなジャンルの方と話す事は大変貴重であり楽しいです。
これからも色々なジャンルの方々と話す機会が増えればと思っています。

| | トラックバック (0)

2008/05/09

久々に

久々に
阪急電車に乗りました。
昨日は珍しく大阪で2つ仕事があり阪急の移動です。18日にある小鼓の会の申し合わせ。
地謡と松風の舞囃子を勤めてきました。
松風の舞囃子は12、3年程前に一度勤めた時のビデオがあったので見直すと恥ずかしい限り…
記録にと録画してますが、あまり前の映像は見るものではないと感じました。参考になったとすれば、こういう具合に舞ってはいけないと思い直す事だけでした…
その後文楽劇場に移動し、能と現代劇のコラボレーションの大原御幸の申し合わせ。
私は地謡でしたが、梅若晋也さんと俳優の山口馬木也さんの出演で催されます。
最近こういった能となにかとのコラボレーションの企画がふえてきました。
私も去年は二十五弦のお琴とさせていただきましたが、上手く創れると面白いものです。
また機会があれば参加してみたいと思っています。

| | トラックバック (0)

2008/05/07

無事?

無事?
烏帽子折で斬られて来ました。斬られ役の装束はだいたい決まっていて、紅白段に白大口、白鉢巻きに太刀といった出で立ちなんですが、烏帽子折の斬られは熊坂(大泥棒)の手下。
なので盗んできた着物?
なども着ているといった設定で少し工夫をして装束を選びます。
私は昨日のメンバーの中では一番おっさんだったので、無紅(いろなし)といって紅(あか)の使っていない装束でいたしました。
仏倒れはきれいに倒れたかどうかはわかりませんが、怪我はなく無事帰って参りました。
久々だったのですっごく緊張しました…

| | トラックバック (0)

2008/05/05

演能前日の…

演能前日の…
演能前日の…
準備風景です。明日は心味の会で烏帽子折の立衆(斬られ役)なので、紋付き一式のほかに胴着(装束の下に着る肌着)が必要になります。
大口(大きな袴)を着ける時には写真のようなY字の木バネを使い立体的に着付けます。
しかし斬られる時の型で後ろに倒れる仏倒れをする場合には折れたり、怪我をする可能性もあるので布団バネなるもの作って使用します。って事で明日は仏倒れ。怪我のないようがんばります…

| | トラックバック (0)

2008/05/04

忘れ物

我々は自分の所属している定期(私は林家)の出演の外に、依頼をいただいて林家以外の定期に出勤する事もあります。
昨日は大江定期。
明治建築の風情のある場所での催しでした。
曲は巴や殺生石など数番。巴は私は3回勤めさせていただいてます。1回目は内弟子に入る前の19才。
2回目が27才の3月。
そしてその10月に父の代役で3回と私にしては上演回数の多い曲です。
3回目の代役は前日に決まり少し焦りましたが、それより自分の役が2日続きで決まっており結果的に3日連続公演となりました。
京都で巴、翌日京都で小督、翌日岐阜で熊坂。
2日終わり岐阜入りした時はほっとしましたが、当日忘れ物をした事に気付きとことん焦りました。
前日の小督が直面(面を着けず素顔で舞う事)だった為、面あて(面の裏に着けて角度を調節する小さな布団状の物)を忘れ、皆さんに迷惑をかけましたが結果的に後輩に連絡をして京都から持ってきてもらい上演できました。
数年に何度か忘れ物は怖いと思い知らされます…

| | トラックバック (0)

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »