« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »

2008年8月3日 - 2008年8月9日

2008/08/08

くるす桜

くるす桜
くるす桜
山の中の神社での催しで、ボランティアの方々や実行委員の方が舞台や照明はもちろん、露店を出して、焼そばやそうめん。鮎の塩焼きや鮎めし。ビールなども販売しての楽しい会なんです。
我々も毎年楽しみに出勤する催しです。
明るい時間はひぐらしが鳴き、少し暗くなり火が入ると、ぴた!っとひぐらしが鳴きやみとても幻想的な雰囲気に包まれます。
一度見に行かれるとリピーターになられる方が多いのもこの催しの特徴です。
来年も楽しみです。

| | トラックバック (0)

毎年恒例

毎年恒例
翌日7日は恒例の郡上大和での薪能くるす桜。
昼前に現地入りして申し合わせ。
普段は申し合わせでも着物を着用するんですが、ここの催しは暑すぎるため浴衣でご勘弁願ってます。
この催しは今年で21年目。大和町の村興しのために大和に伝わるご当地ソングくるす桜上演でスタートした薪能なんです。

| | トラックバック (0)

東海地方

東海地方
東海地方
犀龍の申し合わせの後、車にまたまた大荷物を積み込み名古屋へ。
翌日は稽古をし、6日は長良川薪能のワークショップのお手伝い。
朝からは地元の子供達が狂言や小鼓を勉強した成果を発表する会。皆さん一生懸命でした。
その仕事を請け負う後藤嘉津幸先生の写真。
お疲れ様でした。
夜は装束を持参してのワークショップ。
微妙に後藤君をいじりながら楽しく終えました。
お客様の反応が若干心配ですが…
朝の催しから夜のワークショップまで4時間の中休みがあったため、出演者たちと打ち合わせ?のような馬鹿話?をしながら舞台以外で笑いすぎて疲れた1日でもありました。

| | トラックバック (0)

怒濤の日々

怒濤の日々
7月31日から8月3日までの長旅のせいか、ブログを書くのが久々な感じがします。
3日は東京の九段会館での新曲(智辨尊女)。
色々あり、ほとんどシテみたいな役を勤めさせていただきました。
昔1人の女性が御告げをうけられたお話なので、受けられた日にち、お名前、ご真言などなど、絶対間違えてはいけないキーワードがたくさんありすっごく緊張しましたが、なんとか間違えずに終える事ができました。
翌日は朝から非公開の舞囃子練習会。
少し背伸びをした曲を謡わせていただいたり舞わせていただいたりします。
私は花筐の地頭をさせていただいたり、半能の融の舞返を勤めさせていただき大変勉強になりました。
その夜はまたまた新曲(犀龍小太郎)の申し合わせ。この曲は何度か上演されている曲なので安心していたら、初めての立ち役。
出番は少しなんですが動きがとても複雑。私以外の方々は経験者なので足を引っ張らないよう気を付けなければ…

| | トラックバック (0)

« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »