« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月7日 - 2008年9月13日

2008/09/11

新曲

新曲
新曲
今年は珍しく新曲に多く参加させていただきました。8月から智辨尊女、くるす桜、犀龍小太郎、夢浮橋。またまた智辨尊女。よく覚えられたと思います。
ちょっと間違いましたが…すべて能舞台以外の場所での公演。
普段入れない場所も含め、貴重な経験をさせていただきました。
智辨の1回目は東京の九段会館。2回目は神戸ワールド記念ホール。
2つの催しの観客動員数なんと約1万人!びっくりです…
くるす桜は、岐阜県郡上大和に伝わるご当地ソング。なので郡上市の明建神社。ひぐらしが鳴き、とても幻想的で神秘的な薪能。毎年行くのが楽しみな催しです。
犀龍小太郎は信州安曇野の民話をもとに作られた曲。なので安曇野の特設舞台での薪能。
夢浮橋は比叡山根本中堂でのローソク能。
色々な場所の空気や風景を感じられて忙しいながらもありがたい夏でした。
上の写真は神戸から急いで京都に帰る途中のクツロギモードの出演者。
スーツは来てますがとてもサラリーマンには見えません…
下はその忙しい予定の中、体力を維持できたアイテムの1つ。
岐阜県は関市、辻屋のうなぎ丼。
ごちそうさまでした。

| | トラックバック (0)

2008/09/09

林定期

6日は林定期で雨月のツレをさせていただきました。シテは先輩河村晴道氏。
私が大尊敬する先輩。何度もツレをさせていただいてますし、先日の昭君の時などはあつかましくもツレでお付き合いをお願いしたりと幾度も同じ舞台に立たせてもらってますが、やはり緊張しました。
とくに雨月は初役。
これは風情が大切な曲。
実力以上の事はもちろんできませんが、全力で勤めさせていただきました。

| | トラックバック (0)

2008/09/07

夢浮橋

夢浮橋
夢浮橋
とりあえず終わりました。1時から申し合わせ、場当たり、燭台のセッティングとすすみ、7時から本番。一生懸命覚えましたが、前日に見本になるという事がわかり一安心。
でも場所は比叡山の根本中堂。しかもローソク能。
見えないかも…
しかしそこは百戦錬磨の出演者たち。
それぞれに工夫をし、クリップつきのライトを持参したり、蛍光ペンで線を引くなど準備万端。
でも結果的にはあまり見えませんでした。
覚えといてよかったよかった…
でも能は見本(本を見る)をする事がないので本を置いたとしても実際はあまり見られないですけどね…
一昨日は1日雨、すごい霧が逆に幻想的な雰囲気でいい感じでした。
帰りはその霧で比叡山ドライブウェイは視界0。
久々にこわごわゆるゆる走りました。

| | トラックバック (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »