« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年10月19日 - 2008年10月25日

2008/10/25

キモノスイーツ

キモノスイーツ
今日は大阪での催し。
着付け教室?着付けの先生の企画だそうで、兄と桂吉坊さんとわかぎゑふさんのトークでスタート。
その後に巴の能。
私は地頭を謡わせていただきました。
シテ(兄貴)からの希望で、少しくさいめ?に謡え。
との指示がありましたのでご期待にそうべく、くさいめに謡わせていただきました。
しかし当然の事ながら、少しくさいめ、と言われるとすごくくさくなってしまうもの。
終わってみればかなりな感じでくさかったです。
後で囃子方から、プンプンにおったで!っと言われました。
しかしちょっと楽しかったのは事実です(笑)
始まる前も写真のようなごく和やかな雰囲気のいい催しでありました。

| | トラックバック (0)

観世能

今年は京都観世会館建設50年。
いつも秋に観世能があり、ご宗家やご分家、六郎先生などなどがゲスト出演されますが、今年は50年の記念能という事で地元の役者のみでの会となりました。今回は豪華2回公演。
19日初日は翁 父尉延命冠者。高砂 八段ノ舞。
松風 見留。
望月 古式。
翁のこの小書は初めて拝見させていただいていろいろ勉強になりました。
よくよく考えれば今から10年前。
40年の記念会で私は翁の千才を披かせていただいたのでした。
早いものです…

| | トラックバック (0)

2008/10/19

今年の

今年の
舞子ビラは海風もおとなしく、なにも吹き飛ばされる事なく無事終了。
そして昨日は徳島県は美馬町で美馬能。
半蔀のシテと夕顔の仕舞を勤めさせていただきました。
観世流はだいたい若女を仕様する事が多いのですが、私は小面で勤めました。
と、いうか実は私は今まで若女を使用した事がないのです。
若い頃は(今でも若いつもりですが)まだ若女を使うのは早いな、と思って遠慮したり、キャラクタ-が自分と違うと自己判断をしてやめたり理由は様々ですが、そうこうしてる間に四十前になってもいまだ若女に遠慮し続ける日々が続いています。
昨日の半蔀は初演ではなかったので、後シテは白い長絹に浅黄の露。
浅黄の大口とかなりすっきりした取り合わせで勤めさせていただきました。
動き回る激しい曲は肉体的にしんどいのは当然ですが、半蔀のような三番目物は動きが少なくて集中力や密度がすごく必要な曲なので、精神的にもかなり疲労します。
その為?もありますが、前の日から徳島入りをし、体力の温存につとめ、地元の美味しいものを食べ精神力のアップ?にもつとめました(笑)
今まで何度も見てますが夕方の明石大橋も綺麗でした…

| | トラックバック (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »