« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月17日 - 2008年2月23日

2008/02/23

オクラレルカ?続報

オクラレルカ?続報
昨日書きましたオクラレルカ、けっしてオクレルカシラではありません。
朝に花屋さんに確認に行くと、なるほど見た目は蔗莪に酷似してました。
蔗莪よりややキャシャで光沢がない感じでした。
これでいくか…っと思った瞬間なぜか口から蔗莪(しゃが)って言う言葉が…
花屋の店員さんが、蔗莪ならあるかも?っと期待のお言葉!
期待して待っていると、あ(汗)ないですね…
どれくらいご入り用ですか?何にお使いですか?との質問に答えていくと、あぁ〜、それぐらいの数なら畑にあるかもしれませんから一度確認しますね?とありがたいお言葉!
結果その数なら揃います、と返事をいただき、6時ぐらいまでには用意をしておきますとの事で無事入手!玄関で水に浸っていただいている状態です。
よかったよかった。
あとは今だ降り続いている雪がやむ事を祈るばかりです。このままいくと明日は陸の孤島。出られないかも…

| | トラックバック (0)

2008/02/22

オクラレルカ??

オクラレルカ??
今日は朝から24日の観世会で芦刈を勤めさせていただく会の申し合わせでした。なんとか汗をかきかき終わりました。
葦の持ち物を使うのですが、生花(蔗莪)でできないものか?と今更ながら花屋に電話をし、季節じゃないとありません!っと断られ。まぁ京都で上演の時は作り物が多い、と言う話もきいたので諦めかけるも、兄からお寺(我々兄弟が子どもの頃育った寺)に生えてないか?と望みを繋ぐご意見。ダメもとで知り合いの華道の家元が使う花屋に電話をすると、やはり季節の問題で蔗莪はないものの同じ様な葉っぱならありますよ?のお返事。
なんて言う葉ですか?っと聞くとオクラレルカです。
オ・ク・ラ・レ・ル・カ?の名前に戸惑うも、明日一度見に行きますと返事をしました。
さてどのようなものが待ち受けているものか…
とのやりとりを済ませこれから岐阜の稽古に向かう22日。

| | トラックバック (0)

2008/02/19

この業界…

この業界…
能楽会の結婚式は普通の礼服ばかりでなく、紋付き袴、男性でも普通の着物、と色々な服装の方々がおられます。
恒例行事で乾杯の前に招待客の能楽師の人々が皆立ち上がり、四海波(高砂の一部分)を全員で謡います。
新婦側の招待客の方々はかなり度肝を抜かれる瞬間です。
そんな式なので服装がくろ〜い人達が多いのですが、今日は華やかな方達とご一緒でひじょうにけっこうな一日でした…
おそまきながらおめでとう!

| | トラックバック (0)

今日は

今日は
後輩の結婚式でグランドプリンスホテル京都に来ています。
とてもアットホームであたたかさを感じる気持のいい結婚式です。二人の人柄ですね。
自分の時を思い出してしまいました。
でも私達の結婚式の日は台風襲来!
ホテルの屋根が飛び、新幹線がとまる大惨事!
よくも悪くも記憶に残る結婚式でした。
ご招待させていただいた方々にはとてもご迷惑をおかけしましたが、私達二人はとても楽しい一日でした…

| | トラックバック (0)

2008/02/17

裏話…

裏話…
先日の花園大学の自演会は無事終了しました。
その中の演目に橋弁慶の仕舞があったのですが、去年の夏合宿から稽古スタート。出来のよいOBさんなのでなんとかなると思ってましたが、休憩中のこんな姿を見ていると、本番はどうなるんやろ?っと大変心配しました。っが、さすがはOB。僕も長刀を折った経験がありますが、長刀折れず、太刀も折らず、部室壊さず、地謡斬らず。終わった後は拍手喝采。なんと言っても僕を笑わさなかった事。ほんっと大成功でした。

| | トラックバック (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »