« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009年6月21日 - 2009年6月27日

2009/06/25

プラムカフェ

プラムカフェ
昨日は東京の稽古の後、カメラマンさんたちと、先日の融の写真選びや雑談、アルコール摂取を繰り返しながらの打合せ。
何度も舞台写真を撮ってもらい、一緒に杯を酌み交し話をするうちに選ぶ写真や、アングルやタイミングが少しずつあっていくがわかる気持ちいい時間でした。
そして今朝からバタバタと都内で用事をすませ、昼食へ。
先月、東京のお弟子さんがカフェをオープンされたので行ってみる事に。
その名もプラムカフェ。
東京は神保町にある素敵なカフェでした。
写真の大徳寺弁当をいただきましたが大変美味しゅうございました。
夕方クローズのお店ながら、ビールやワインも少しおいてあります。
今度はここで一杯(^^)を楽しみたいと思います。
ごちそうさまでした。

|

2009/06/24

融
融
融
今回の融は舞返の小書で勤めました。
この小書は前半も少し変わりますが、後半は舞返しの言葉であるように舞を繰り返します。
盤渉(バンシキ)早舞を五段舞った後、急ノ舞を三段舞います。
六郎先生がなにかの催しのチラシにかかれてましたか、前半は荒れ果てた河原の院、後半は昔のように光り輝いている様子。
前シテも汐汲みの老人でありながらくらいの高さも見え隠れしなければいけない。
そのように書いてられた文章を読み、今回は思いきって、前シテの水衣を浅黄に(普段は茶)、後シテは赤の着付けに白の直衣(のうし)、白い指貫を履き、融扇ではなく月の描かれた扇(家に融扇がないとも言う…)を持って勤めました。
かなりすっきしりした取り合わせになりました。
演能写真はまた後日。
融は二度目の挑戦だったんですが、やはりかなりの難曲でした。
しかし楽しかったですね、やはり…
実は13日の公演の後、不覚にも転んでしまい左手首と左胸を強打、どうなる事かと焦りましたが皆々様のお助けもあり、得意のアドレナリンどばっと放出の影響もあり無事に楽屋に戻れました。
しかしアドレナリンが放出しまくったため、痛みは軽減してましたが、急ノ舞の頃には融の品の良さはどこえやら…
反省です…

|

2009/06/23

毎年の

毎年の
毎年の恒例行事になりました岐阜大学のサマースクール。
今年も無事終了しました。毎年思う事ですが、本当に私の変な日本語ならぬ京都弁をよく理解してくれる生徒さんたちで驚かされます。今回も実演、歴史の話、謡や舞いの体験と、装束の着付けを生徒さんの1人にいたしました。
こちらも毎年楽しみにしている催しなんです。
その時に21日の林定期のチラシを配らせてもらった結果、5人の生徒さんが岐阜から来てくれました。
ありがたい事です。

|

2009/06/22

お世話になってます

お世話になってます
昨日、林定期で融を勤めました。
その話はまた後日にするとして、今朝久々に喫茶店に行きました。
京都はは松ヶ崎にあるインペリアル。
先生の稽古場が歩いて数分の場所にあるため、書生時代からお世話になってます。
その後私の後輩たちもお世話になってるので、おお〜!俺が一番にこの店を見つけたか(^∧^)
っと思っていたらマスターから、ちゃうで、その前に先生来たはんで!
っと、失礼しましたm(__)mインペリアルにお世話になり初めてからもう20年目、はやいもんです…

|

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »