« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2010年12月26日 - 2011年1月1日

2010/12/31

今年最後のお食事は・・・

年越しそばならぬ年越しうでんでしめました(笑)

Nec_0633 今年も1年お疲れ様でした。

|

はやいもんで・・・

はやいもんで今日はもう大晦日。

今年も色々ありました。

この時期になるとさすがに仕事もありません。

事務仕事や新年の準備に追われるばかりです。

なのでブログのネタもありません・・・なので!!この年末に仕事や打ち合わせ、プライベートで行ったお店をご紹介したいと思います!!ぜんぜん能と関係ないですけどね・・・

年末と言えば忘年会。名古屋の稽古場の皆さんとの忘年会は、なんと名古屋で富山料理!

富山出身のお弟子さんの紹介だったんですが、どれもこれもほんとにおいしい!!

他のお弟子さんたちも大満足!!その中でも特においしかったのがますのすし。

Nec_0610 写真はちょっと微妙ですが、駅で買う薄いますではなく、

とても肉厚で、中は少しレアな食感が残っているすごくおいしいものでした。自家製のますのすしだそうで、持ち帰りもできるそう(笑)

あ・・・お店は延楽さんと言います。

で、もちろん京都でも忘年会をいたしました。

どこの稽古場の方もそうなんですが、私のところにお稽古に来ていただいている方々はほんとにお酒とおしゃべりが大好き。

と言うことで、忘年会の開始時間に照準を合わせ、二科目の人は(仕舞と謡い)一科目ね!!と、勝手に時間割が決まり、開始時間を過ぎて稽古をしていると自動的に忘年会は始まっていると言う画期的なシステムなんです。

ここ何年かはお弟子さんのお宅をお借りしてお稽古をし、斜め向かいのお店で忘年会をやる、という流れになってます。

お店の名前は味野里香(みのりこ)。ここはお料理はもちろんですが、日本酒と焼酎の品揃えが半端じゃない!!いろんな日本酒をいただきながらカウンターの奥に目をやると見覚えのある懐かしいボトルが!!

焼酎の十四代・蘭引。もう製造中止になってるレアな品です。もったいないのでストレートグラスで皆さん回し飲みしました。

で、お料理は、もちろんすべて美味なんですがその中でも穴子、これを葱と一緒に炭火で炙っていただく・・・

Photo これも肉厚でとってもおいしかったですね(笑)

いろんな日本酒を楽しんでたまにビールで小休止。

焼酎を楽しんで他の日本酒をいただく。

またまたビールで休憩、いったいどんだけ飲んだんでしょうね、この日は・・・明日撮影があるのに・・・

そう、翌日は観世会館で、ドラマ10フェイクの撮影だったんです。

もちろん劇中能の後見の役ですけどね(苦笑)

でももう1人の後見役が俳優さんだったのでけっこう映ってるかも・・

顔はれてなかったかな~・・・

Photo_5 これがその時の楽屋弁当。

いつもいただくお弁当と違うので面白かったです。

特にこんな風に下からご飯がスライドで出てくるとは・・・

いろいろ工夫がありますね(笑)

で、また別の催しの後、後輩さんから、この後急がはります?とのお誘い。で、またまた飲みに。今度は珍しく鉄道マニアが集まるお店。その名もデゴイチ。Photo_2

こういったお店にはまったく行った事がないのでなかなか新鮮でおもしろかったですね。

子どもの頃に乗った電車や、懐かしい駅の模型なんかもありました。

あ、もちろん店員さんは駅員さんの服装。

お手洗いの扉はグリーン車のステッカーが貼り付けてあるなどの徹底ぶり。閉店のアナウンスは、まもなく本日最終列車が発車いたします!のアナウンスが流れてました。

Photo_3 これなんかけっこう昔の京都の二条駅の入り口に似てますよね(笑)

で、またまた別日。

来年の3月にアメリカ公演に行く関係で大阪に出演者が集合。

半月間の長いツアーなのでその説明と顔合わせがあり、

その場所が大阪のホテルグランヴィアにある中華料理の北京。

ほんとに食べてばっかりですね、私・・・

でも、せっかく大阪に来たからと夕方から気になるお店に行ってみる。

ミニしゃぶのひょうたん。

1人用のしゃぶしゃぶのお店なんですが、もう1つのメニューが焼きしゃぶ。

鉄板に油をしき、自分でにんにくを炒める。

頃合いを見計らって肉を置き、香りつけに赤ワインを少々タラス。

でもってこれをいただく。ご想像どおりものすごくおいしいですね!

焼き野菜の中ににんにくの芽もあり、じゃっかんにんにくパーティー。

にんにく好きの私としては大満足のお店でした。翌日までにんにくのにおいは残りますけどね・・・

残念ながらここの写真はないんです・・・

で、京都へ帰ってから年末だからご挨拶にといつもの男前寿司屋、深川へ。あ!いらっしゃいませ!!

Photo_4

あ!先生ひさしぶりですやん!!

の、うれしいお言葉。

でもこちらは腹いっぱいのじゃっかんできあがりぎみ・・・

いやいや今日は年末のご挨拶に来て、ちょっと飲んで帰ろとおもたんやん。

なんか一個だけちょうだい。

わかりました、先生プリンタイ気にしてはります?

え?プリンタイ?あ?そういえば去年の今頃はそんなこと言ってましたっけ??

いやいやもう気にしてません。

だったらと、私の大好物のいくらを出してくれました・

やっぱりうまい!!

でもさすがにお腹いっぱい、2時くらいで失礼しました。

翌の29日には毎年いただくお弟子さんからまたまた魚を頂戴しました。

今年は鯛と黒そいといつもの蛤。

Photo_6

すべて天然物。

さて、どうしていただくか・・・?

そいは煮ても焼いても刺身でも。

鍋でも揚げてもなんなりと、ということで、初日は刺身でいただきました。

もちっとした食感でとっても美味!!

2日目は焼きでこれまたおいしい!!

知りませんでしたこんなおいしい魚・・・

たくさんいただきましたがけっこうハイペースで消費しそうです。Nec_0625

こうして書くとほんとによく食べよく飲みした1年でした。

皆様に感謝でございます。

来年も舞台はもちろん、色々な事に挑戦していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

今年もありがとうございました!!

来年もよろしくお願いいたします!!

味方團

|

2010/12/26

そのままやん・・・

東京の稽古のあと、ホテルに入る前に食事をしようと店探し。

じゃっかん危険な香りのする店でしたが時間制限もあったので入店。

少し呑み、少し食べ、もう一品なんかないかな〜っとお品書きを手に取り見ていると、ドイツ餃子なる品が。

お弟子さんと、どうする?あぶないと思う??などと言いながらも注文。Nec_0590

これがドイツ餃子。見た目はソーセージ。

想像できる味は、ソーセージの皮の中に餃子?みたいな味?

そう、疑うことなく想像どおりの味でした・・・

そのままやん!

ちなみに浜松町の駅前の居酒屋です。ご興味おありのかたは是非一度御賞味を…

|

大佛供養

先日大佛供養の地謡を謡わせていただきました。

私の記憶が確かならばこの曲の地謡も初役。

なぜ?そう、安宅や正尊、烏帽子折にも共通することですが、立衆や山伏などがたくさん出る曲は立役に起用される事が多いんです、特に若いうちは・・・

なのでなかなか地謡を謡う機会がないんです。

大佛供養も立衆が三人から四人出るので過去には立衆は勤めた事はあっても地謡は謡ったことがなかったんです。

初めての経験でした。

まぁ~心配しなくてもこの歳になれば今後はいやでも地謡の回数が増えてくると思いますけどね・・・

立衆をつけていただいても宙返りや仏倒れ(立ったまま後ろに倒れる)はもうできないでしょうしね(苦笑)

|

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »