« 2011年2月6日 - 2011年2月12日 | トップページ | 2011年2月20日 - 2011年2月26日 »

2011年2月13日 - 2011年2月19日

2011/02/19

出石そば

豊岡からの帰り道、出石が近いとの事でぷらっと立ち寄りそばをいただく。

出石で出石そばをいただくのは初めて。

Nec_0700_2

こんな注意書きを読みながらそば前で一杯やりながら待つこと15、6分。

で、いよいよ出石そばのお出まし。

小さい皿ながら出てくるとなかなか迫力がありますね。Nec_0702_4

経験者から、はじめはそばつゆで、それからねぎ、卵と入れてゆき、とろろは後回し。

なぜか?あまり早い段階でとろろを入れるとお腹が一杯になって、せっかくのそばが食べられなくなりますよ、とのこと。

なるほど・・・

んじゃ仰せに従いそのように。

美味しいもんですね、出石そばって(笑)

お店の壁を見ると20皿食べると(そばの証)をいただけると書いてある。

挑戦する気はないが、普通に食べられるやろ~(笑)っと思っていたら、案外きついですね20皿って・・・

Nec_0701

この皿に一口半くらいなんですけどね・・・

まぁビールとお酒を呑んでる事も影響してなくはなかったですが、結局私は12皿でおいしくギブアップでした。

で、帰り道にある日本最古の時計塔、辰鼓櫓を拝見し、

なんとなく郡上八幡に似た町並みを走りぬけ帰京いたしました。Nec_0703

|

2011/02/18

隅田川

今日は河村研能会の申し合わせで隅田川の後見でした。

ちょっと前までは隅田川がでる機会は少ないように思ってましたが、最近は案外出ているような気がします。

私もちょっと考えれば、去年の4月(後見)、11月(地謡)、12月(後見・但しドラマ撮影・・・今日の楽屋でもはやっぱりおまえも共犯やろ~?とか言われましたが・・・)

そして今回(後見)こうしてみればけっこう出てますね(笑)しかし心ならずも後見が多いですがね、緊張するからいやなんですけど・・・・

そしてもう一番が国栖、これは地謡(でも後列のワキ座寄り)。

隅田川も子方のお世話、国栖も子方のお世話。

先生からは、子方のお世話ばっかりしてんにゃな~(笑)子供に好かれるから(ニヤニヤ)

なんて言われてしまいました。

違うんです!子供に好かれるんじゃなくて精神年齢が一緒なんです!!とは言いませんでしたが・・・

当日もがんばります!!

|

2011/02/14

え~!!

豊岡での2日目のワークショップの朝、事件が・・・

能面が入っているかばん、我々は面箱と言いますが、そのうちの1つが開かない!!

3人で代わり番こに挑戦するがなかなか開かない。

Nec_0699 案外頑丈なんですよね、面箱って・・・

そら能楽師の命、能面が入ってるんですから頑丈やないと困りますけどね・・・

体験用の面もあったのですが、前日の夜にスタッフさんたちと懇親会があり、そこで明日は四百年ほど前の能面を使います!!楽しみにしててくださいね!っと豪語していたので、開かないから使いませんではしゃれにならない・・

ホールが入っているビルの2階に鍵屋さんがあるとのことで行ってみるが、じゃあ今日1日預かりますと・・

あかんですな・・・あ!?豊岡はかばんの町!この辺にかばんやさんないですか?っと尋ねると、無理ですよ!結局すべてうちの社長のところにきますから。っと・・・

相談の結果こじ開けましょうという結論に。

最初はかなづちでそぉ~っとコンコン、ビクともしないので少し強めにゴンゴンゴン!

ぜんぜんだめ・・・んじゃってことでゴンゴンガンガンガ~ンガンガンガン!!!

先輩から、ちょちょっと待った!!中身が!!

そう、中身の能面は四百年前の貴重な品、どーすべーと考えているとホールの舞台監督さんが、ちょっとビスを引っこ抜いてみましょうか??

かくして無事鍵を破壊し、予定通りの能面を使用でき、お客様に喜んでいただくことができました。

まさか朝からかばんを潰す事になるとは思いませんでした・・・Nec_0698

|

ワークショップ

豊岡で2日間のワークショップが終わりました。

天候は雪でしたが路面は案外大丈夫でホッとしました。

私はお手伝いでお邪魔したんですが、ワークショップの予定時間は2日とも2時間でしたが、終わってみれば1日目は2時間15分で2日目はなんと3時間!!

仕舞を舞ったり装束の着付けなどを含め、色々様々体験、体感していただきました。かなり過酷で疲れましたが、アンケートを読んでいると好意的感想ばかりでした。

Nec_0704 前にも書きましたがここのホール(豊岡市民プラザ)のスタッフさんたちが実に素晴らしい。

こちらがお願いしたことはもちろんその他の気遣いが素晴らしい。

例えば初日の幕のそでに腕時計をおいて時間配分をしていると、2日目には何も言わなくてもデジタル時計がおいてある。

全体的にこんな感じ。

痒いところに手が届くほんとに素晴らしいホールでした。

また是非お願いします(笑)

|

« 2011年2月6日 - 2011年2月12日 | トップページ | 2011年2月20日 - 2011年2月26日 »