« 2015年8月9日 - 2015年8月15日 | トップページ | 2015年8月23日 - 2015年8月29日 »

2015年8月16日 - 2015年8月22日

2015/08/20

一角仙人

5月の終わりに「一角仙人」を勤めた。
名古屋のさる狂言のお宅に間狂言が入る型付が残っていた事から、間狂言入りの「一角仙人」が実現した。
この曲は型付も様々あるし、 ツレとの相舞にも工夫が必要な曲。
間狂言が入る事も含め、何時もながら家の型付をひっくり返し、家元や先生にお許しをいただき、ご相談を申し上げながら作業に取りかかった。
主催の狂言師も、他流の家元やお脇の先生にも相談をしながら、間狂言の部分を作る話合いを重ねた。
かなり大変な作業だったが、大変勉強になる、貴重で楽しい時間だった。
お陰様で当日は間狂言の部分もうまくおさまったように感じた。
ツレとの相舞も自分なりに工夫を重ねて何度も稽古をした。
最大の難関だったのは、私の長男を龍神に使いたい、との依頼であった。
なにぶんまだ5歳。絶対無理❗️
っと何度も断ったが、どうにか頼むと押し切られてやらす事になった。
それからの稽古は息子も私も過酷を極める稽古になったが、なんとか食らいついて来てくれて、なんとかかんとか本番を迎える事ができた。
お客様からは(息子さんが出てきた瞬間場が和みましたね)とか、(すごくたくさんお稽古されたんでしょうね)など、アンケートにもとても好意的に見ていただいたお客様が多かった事に、親として嬉しく思い、感謝の気持ちでいっぱいだった。
共演者からは、龍神が出てきて、それまでの舞台を全部持って行きましたね(笑)っと・・・
当たり前の事だが、舞台は1人ではできないものである。
最近は特にその事を感じる。
今回は特にその事を強く感じた。
子供の装束の準備や稽古、当日の作り物にも多くの共演者のご協力をいただいた。
こんな貴重な時間を私と息子に与えてくれた主催者に感謝すると共に、あたたかく見守ってくださったお客様や共演者の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。


|

2015/08/19

すっごいお弟子さん

今から行く東京のお弟子さん。
9月の伊勢秋季例祭で歌占の舞囃子を舞われます。
なんと前の日には東京で邯鄲の舞囃子を勤めてから名古屋入り。
まるでプロ・・・
昨年の私の会では、百万の能を舞い、数時間後に融の舞返の舞囃子を勤めるなんとも元気なお方。
すっごいもんだ。
本人曰く「味方團の顔に泥を塗る会」ですから、先生が頑張ってね(笑)と。
頑張ります・・・

|

偶然❗️

昨日、今日とお仕事がご一緒だった方々と京都駅で偶然再会。
同じ新幹線で東京へ向かう。

|

2015/08/18

今日の

先ほど天を仰ぐと・・・
気持ちの良い空が広がってました。
Image
僕の好きなヒグラシがよく鳴いてます(笑)

|

2015/08/16

ふい〜

昨日は9時半から虫干し、今日は9時から大津市伝統芸能会館で稽古。
朝からガッツリが続いてじゃっかんお疲れぎみ・・・
ふっと気付けば今日は五山送り火。
20時からの大文字送り火で、心静かにご先祖さんをお送りさせていただくと致しましょう・・・

|

« 2015年8月9日 - 2015年8月15日 | トップページ | 2015年8月23日 - 2015年8月29日 »